渡辺整形外科

クリニック理論

  渡辺整形外科 診療理念
整形外科は、日常生活において、体を動かすための運動器を扱う診療科です。
すなわち骨や関節、神経や筋肉などが対象となります。その多くは命にかかわる病気ではありませんが、痛みやしびれといった、つらい症状を呈するものが少なくありません。また、成長痛や側彎症、先天性股関節脱臼など、小児や成長に伴う疾患やスポーツを行うときの障害、テニス肘や野球肘など、運動技術を伸ばそうとするときの症状も対象となります。

本来、運動器は人体のなかで非常に自己回復力の高い組織ですから、適切な環境を作ってあげれば症状は軽減することが期待できます。
渡辺整形外科では、その環境を作り、自己回復力を高めるお手伝いをいたします。

単に病気やけがを治すだけではなく、寝たきりにならないよう、痛みのない、自分で歩ける、あるいは、元のスポーツに復帰できることを目標に、活き活きと生活が出来るよう努力していきたいと思っています。


医療法人社団 弘遼会 渡辺整形外科
院長 渡辺 義弘
 
[1]




サイト管理 / サイトポリシー / 求人情報
© 2017   渡辺整形外科   ALL RIGHTS RESERVED.